同胞援護会について

ICT化の推進

ICT

電子カルテや見守り支援ロボットを導入し、
スタッフの負担を軽減

当法人では、利用者さまへのケアの環境を充実させるとともに、
職員の負担を軽減するため、ICT機器の導入を積極的に進めています。
例えば、記録物などの書類作成が煩雑な福祉の現場において、
モバイル端末や専用ソフトなどを整備することにより、
利便性に優れたスマートな記録管理ができるようになりました。

ICT化のイメージ

見守り支援ロボット、電子カルテ、ナースコールの
すべてを1台のスマートフォンで。

見守り支援ロボット(眠りスキャン)

睡眠時における利用者さまの呼吸、心拍、睡眠等の状態がリアルタイムで確認できるため、利用者さまからの呼びかけやナースコール等による情報だけに頼らず、いち早く体調変化に気づくことができます。
蓄積されたデータを基に、長期的なスパンでの状態変化も把握することができ、体調の異常について早期に発見ができるようになりました。

電子カルテと端末の活用(CAREKARTE:ケアカルテ)

電子カルテにより、スタッフ間の情報共有が迅速かつ正確に行うことができます。
転記する手間や誤入力のリスクは大幅に削減され、ご家族さまにより正確な情報をお伝えすることができます。

ナースコール(スマートフォン対応)

スマートフォン端末は、利用者さまからのナースコールも受けることができます。
どの利用者さまがコールしているかが分かりやすく、素早い応対が可能です。
睡眠状態、介護記録といった情報と併せて、コール通知情報も専用端末で記録・管理ができます。

他の取り組みもCheck!

新卒採用 中途&パート採用

採用に関するお問い合わせ

ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。

Tel.0568-88-8302

[ 受付時間 ] 平日8:45〜17:30 
[ 担当 ] 法人本部(人事担当/有我・佐野)