同胞援護会について

ICT化の推進

ICT

電子カルテや見守り支援ロボットを導入し、
スタッフの負担を軽減

福祉・介護の現場における設備や機器は日々進歩しています。
当法人では、利用者さまが気持ちよく過ごせるように設備を整え、利用者さまはもとより、
職員にも負担がかからないようにICT機器の導入を進めています。
例えば、記録物などの書類作成が増えがちな福祉の現場において、タブレットや専用ソフト、無線LAN環境などを整備することにより、
無駄を省いたスマートな記録処理ができるように環境を整えています。
合理化により空いた時間を、利用者さまとのコミュニケーションの時間に充てることができれば、
より一層充実したケアができるものと考えています。

ICT化のイメージ

見守り支援ロボット、電子カルテ、ナースコールの
すべてを1台のスマートフォンで。

見守り支援ロボット(眠りスキャン)

睡眠時における利用者さまの呼吸、心拍、睡眠等の状態が可視化されるため、体調変化にいち早く気づくことができます。 あらかじめ設定した状態変化に応じてアラームが鳴るように設定することも可能です。利用者さまからの呼びかけやナースコール等による情報だけに頼らず、 体調変化に気づく機会が増加します。蓄積されたデータを基に、長期的なスパンでの状態変化も確認することができ、体調不良の早期発見に繋がります。
当法人では高齢者施設のうち、特別養護老人ホーム、ショートステイ、グループホームの全床に眠りスキャンを導入しています。

電子カルテ(CAREKARTE:ケアカルテ)

電子カルテにより、スタッフ間の情報共有は端末を用いて迅速かつ正確に行うことができます。
タブレットやスマートフォンは、簡単に持ち運ぶことができるため、利用者さまのそばを離れることなく、素早く記録することができます。
また、転記する手間や誤入力のリスクは大幅に削減され、ご家族さまにより正確な情報をお伝えすることができます。
当法人では、高齢者施設および障がい者施設に電子カルテを導入しています。

ナースコール(スマートフォン対応)

上記の見守り支援ロボットや電子カルテと同じスマートフォン端末で、利用者さまからのナースコールを受けることができます。
どの利用者さまがコールしているかが分かりやすく、素早い応対が可能です。睡眠状態、介護記録といった情報と併せて、コール通知情報も専用端末で管理ができます。

他の取り組みもCheck!

新卒採用 中途&パート採用

採用に関するお問い合わせ

ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。

Tel.0568-88-8302

[ 受付時間 ] 平日8:45〜17:30 
[ 担当 ] 法人本部(人事担当/有我・佐野)