同胞援護会について

研修体制&
資格取得支援

TRAINING&QUALIFICATION SYSTEM

基礎知識から資格取得に至るまで、
職員の成長を支えるさまざまな研修制度

職員の皆さんが将来にわたり、当法人で活躍していただけるよう、さまざまな研修制度を取り入れています。
入職後の基礎知識はもちろんのこと、介護職員実務者研修などの資格取得やスキルアップトレーニングまで、
無理なく段階的に受けていただくことができます。
福祉分野についての知識がほとんどない方でも、全力でバックアップします。

研修体制のイメージ

入職1年目でも安心して働けるように

福祉の仕事に興味はあるけど知識も資格も無い…。
そんな方でも大丈夫です。
新たに入職した職員には、
「新入職員研修」を実施し、
基礎知識を学んでいただきます。
介護技術等の実技研修も行いますので、
介護技術に不安がある方も
安心して働くことができます。
実際に勤務をスタートした後も、
スマートフォン等で学べる
「e-ラーニング」を導入。
介護技術などを確認したいときに学ぶことができます。

資格取得を手厚くサポート

『介護職員実務者研修』や、国家資格である
『介護福祉士』の
受験対策講座を法人内で実施しています。
(研修日は自分の勤務としての扱いとなります)
『社会福祉士』や『精神保健福祉士』等
他の資格に関しても、研修受講費を助成。
職員がスキルアップできるようフォローしています。
(研修参加は勤務として扱います。)

介護福祉士資格の取得例のイメージ 介護福祉士資格の取得例のイメージ

キャリアアップに応じた研修も充実

新入職員をサポートする職員にはチューター研修、
リーダーや主任になる職員には初任管理者研修。
管理職員にはスキルアップトレーニング等、
それぞれのステップに応じたさまざまな研修を実施しています。
無理なく段階的に研修を受けていただくことで介護技術だけでなく、
マネジメントについても
学んでいただくことができます。

他の取り組みもCheck!

新卒採用 中途&パート採用

採用に関するお問い合わせ

ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。

Tel.0568-88-8302

[ 受付時間 ] 平日8:45〜17:30 
[ 担当 ] 法人本部(人事担当/佐野・西原)